診療報酬債権におけるファクタリングの利用について

日本は医療保険制度が確立された国です。

なおここで言う医療保険制度とは、公的医療保険制度を意味しています。国民皆保険であるこの保険によって、医療サービスを受けた際には料金の一部が保険によって補助されます。これは治療を受けた側にとって見ると、とてもありがたい仕組みです。一方、医療サービスを提供した側、病院や診療所などは、支払われなかった部分の金額を医療保険の保険者に請求する必要があります。なお医療保険によって補助された部分、サービスを受けた側が支払わなかった部分については、診療報酬債権と言う名称がつけられています。

病院などが保険者に対して診療報酬債権の支払いを求めてから、実際に診療報酬が支払われるまでには2か月の期間を要します。ですがファクタリングと呼ばれるシステムを利用すると、この2か月と言う時間を短縮したうえでキャッシュを手に入れることができます。ファクタリングは、簡単に言うとファクタリング業者が病院などから診療報酬債権を買い取ると言うシステムのことです。だいたい8~9割の価格で買い取り、その買い取った価格を支払うと言うシステムです。

そのため2か月と言う期間を要することなく、診療報酬債権が現金化できると言う仕組みです。ファクタリングは融資は異なり、返済の必要性がありません。また審査も必要ないため、資金繰りがかなり深刻化していると言う医療事業者でも利用できると言うメリットがあります。ただし将来的な収益を先取りするシステムなので、ある程度は財政が健全でないと、後々、困ることになると言うデメリットも含んでいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *