診療報酬債権によるファクタリング

医療機関が受けとる医療費は、患者の自己負担及び患者が属する保険者からの診療報酬債権で賄われています。

一部の例外としては、患者の治療する病気が難病等の場合で、国や地方自治体が負担をするケースも存在しますが、件数や金額的にはそれほど多くはありません。この診療報酬債権は、患者が受診したときにすぐに受けとることが出来ません。患者から受けとる医療費はあくまで患者の自己負担部分です。したがって、残りの部分を保険者へ請求して受けとるわけですが、タイムラグが生じるものとなります。

後日請求を別途行うわけですが、請求内容に誤りが無ければそのまま受けとる権利となります。すなわち診療報酬債権です。この受けとることが出来る権利を持って担保とし、ファクタリングの利用が積極的に行われています。医療機関からすれば、患者に対してよりよい医療の提供を行わなければなりません。そのためには最新の機械類の導入も欠かせないでしょう。資金調達しようにも、その資金を現金一括で支払えるほど余裕があるものでもないわけです。

ここにファクタリングの利用という発想が生まれる余地があります。ファクタリングにより資金調達を行うことは、巨額の資金を一気に集めることが出来る有効な手段です。ただし、医療機関も少子化と高齢化により徐々に患者数が減少するところも出てきています。僻地であればあるほど、導入する医療機材等資金計画に無理がないかどうか、ファクタリングの審査も厳しくなると想定されているわけです。
事業資金のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *