医療ファクタリングについて

ファクタリングとは、他人が所持する売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスのことをいいます。

その中でも医療ファクタリングというのは、医療機関だけが利用することの可能な資金調達方法のことです。医療機関の国民健康保険団体連合会や社会保険診療基金への診療報酬をファクタリング会社が買い取ることで早期に現金化する方法となっています。利用が可能なのは医療機関だけであるので、契約者である医療機関、ファクタリング会社、国民健康保険団体連合会あるいは社会保険診療基金の3者間で行われます。

利用するメリットとして挙げられるのは、まず、特定の担保が必要とされないことです。診断報酬債権がそれ自体安全性の高い債権であるため、この債権自体が担保価値を持つことになるのが理由です。次に、ノンリコースファクタリング、つまり償還請求権がないことが挙げられます。

取引の相手は国ということになるので、倒産してしまう心配がなく、ほぼ間違いなく診療報酬の支払いがされるので、契約者側が売掛金を回収できなかった場合の責任を負うことはありません。続いて、取引相手が国であるために、取引先への通知を気にかける必要がないことも挙げられます。信用や経営力を疑われる心配もありません。また、この制度では比較的審査が緩めに設定されています。こちらも取引先が国であることで倒産の心配がなく、診療報酬債権の回収がほとんど確実といえるためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *