介護におけるファクタリングについて

医療関連のファクタリングは診療報酬を債権とすることで行われますが、他にも報酬等を債権化することで利用されており、その中の1つに介護報酬があります。

介護ファクタリングの最も大きなメリットとしては早期の資金調達が可能となる点があり、ここでは、一般企業の売掛金にあたる介護報酬を買取事業所に売却することで資金化が行われます。介護保険制度では、通常、報酬の回収はサービス提供月の翌々月25日となり、事業所は、最低でも2ヵ月分の運転資金を準備しておく必要があります。

報酬が入るまでの期間、フリーキャッシュフローが潤沢であるなど手当に問題がなければ、利用者が増えても増加をした運営経費を賄うことができます。しかし、余裕資金が無いなど、逆の場合は事業所の運営に支障をきたすことになり、この場合、資金の手当を行う必要があります。資金繰りでは、担保等がある場合には融資でカバーすることも可能となりますが、問題となる点として資金化までの時間があり、特に、時間が無いなどでは非常に困る状態に陥ります。

ファクタリングは、時間的な問題を解決することができ、資金繰りへの迅速な対応が可能となります。介護事業所においては、一般的に新規で開設した場合に資金が不足するケースが多く、その理由としては最初の報酬が入金されるまで全く収入が無い状態となる点があります。医療関連のファクタリングでは、通常保険請求金額の80%程度が前払いされることになり、スムースな運営を行うことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *