即日ファクタリングについて

ファクタリングサービスは2社間と3社間に大別されます。

2社間タイプはサービスを提供する会社とサービス(債権者)を利用する会社だけで新しい契約を結ぶものです。つまり、債務者(売掛先)の立場に変化は生じず、これまで通り、債権者に対して売掛金を支払います。それに対し、サービスを利用した債権者は立場が大きく変わります。まずは、サービス提供会社から契約後まもなく売掛金を受けることができます。加えて、売掛先から返金が行われれば、サービス提供会社に受け取った額と手数料を支払います。

一方、3社間ファクタリングは売掛先にも変化が生じる契約となります。ファクタリング会社と債権者、そして債務者も巻き込んだ形式となるため、法律関係が2社間に比べると若干複雑化します。債務者の承諾が不可欠となり、その際には契約書を交わすことになりますから、融資までの所要時間が長くなるのが一般的です。

両者の形式を踏まえると、即日融資を希望する場合には債務者の承諾とそれに伴う契約が不要な2社間の方が望ましいということになります。今すぐにでも資金が必要ということであれば、このタイプのファクタリングに取り組むサービス提供会社を選択すべきです。また、2社間に取り組んでいる会社であったとしても、即日融資に対応しているかどうかは細かくチェックする必要があります。従業員が増えた場合の給料の支払いなど、予想外の支出が伴う場合にはこの即日ファクタリングがたいへん便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *